プロ意識

プロのエンジニアを目指して

良い「ものづくり」をするためには、エンジニアの「プロ意識」が大切だと考えています。ソフトウェアの知識だけではなく、ハードウェア(メカ)も含めた視野で開発する力が必要です。当社では、世界に通用するエンジニアを育成するため、教育にも重点を置いています。
また、私たちが理想とするエンジニアは、自己研鑽できるエンジニアです。自発的に「学びたい」「知りたい」という意欲に対しても積極的にサポートをしています。

プロのエンジニア

一貫した教育体系

実際の製品開発では、ソフトウェア工学を基礎とし、現場で蓄積された知識・ノウハウ・経験が必要です。これらの技術を身に付けるため、専門部署を設置して新入社員から中堅社員まで教育カリキュラムを提供しています。エンジニア一人ひとりに対して、レベルや時代のニーズに合わせた教育を行い、技術分野にとどまらず、ヒューマンスキルやビジネススキルもサポートしています。
全ての社員がより高いキャリアビジョンを具体的に描けるように支援しています。

キャリアビジョン

プロのエンジニアになるための第一歩

当社では、新入社員が不安なくスタートラインに立てるよう、基礎知識を習得するための教育が充実しています。
入社してから約半年間、社会人としてのビジネススキルや車載システム開発に必要なスキルを習得するため、集合研修を行っています。

新入社員研修イメージ

上司や先輩と共に、
理想のエンジニア像を実現する

配属されて1年間は、先輩社員が新入社員一人ひとりに対し、仕事や社会人生活をサポートする「メンター制度」があります。新しい環境でも安心して働くことができ、充実した社会人生活を送ることができます。
また、将来なりたいエンジニア像について、職場の上司と定期的に相談できる時間を設けています。個々に合わせた指導を行い、目標へのステップアップをサポートしています。

メンター制度

制御ソフトウェア業界で頑張るエンジニアを応援しています

制御ソフトウェアに関する様々なイベントや技術教育を目的とした勉強会に協賛しています。当社社員のみならず制御ソフトウェア業界で頑張るエンジニアを幅広く応援しています。

自己研鑽するエンジニアをサポート

当社では、一人ひとりが個性を発揮し魅力あふれる集団となることを目指し、個々が特技を磨いてさらに魅力的な人物に成長できるように支援する『チャレンジ制度』があります。会社が提供する教育カリキュラム以外にも、興味のあることについて意欲的に取り組むことができるため、多くの社員が利用しています。

プログラミング多言語学習経営本部 角井 警一

発想の幅を広げるために、Python/C♯などのプログラミング言語を複数同時に学習しています。学習の甲斐もあり、以前よりも多くの言語を使えるようになりました。私は教育を担当していますが、自身のスキルアップはもちろん、育成という仕事においても身に付けたスキルを活かすことが出来ています。

経営本部 角井 警一

ドイツ語 語学学習ボデー技術部 丁 学清

仕事をするうえでドイツ語に対応するため、語学能力をアップすることを目的に制度を利用しました。就業時間の一部を学習時間に割りあてたり、仕事とのバランスを調整して利用できるので、無理なく継続的にスキルアップを図ることができます。

ボデー技術部 丁 学清

ボランティア活動 NPO法人に参加技術企画部 中野 雅俊

「社外組織の中で、ITの知識を駆使した効率化の提案」と「職場に取入れたい良い活動を見つける」ことを目的に、制度を利用しました。自分に合った方法で取得することが可能なため計画が立てやすく、無理なく自己研鑽することができます。

技術企画部 中野 雅俊

ものづくりを楽しく学ぶ

創立10周年を機に始まった自主活動・ものづくりの会『TACCMI』。「やりたいことをやってみよう!」をコンセプトに、技術研鑽に興味を持つ社員が仲間と力を合わせ、ものづくりの楽しさを追求しています。

TACCMI

EV自動運転レース プロジェクト

「自動走行」「電動化」の最新の技術を習得し、EVカートを自作します。クルマの各部品の調達や部品毎の動作確認など、白紙から企画を立てカタチにするというものづくりの難しさと楽しさを再認識できる活動です。

EV自動運転レース プロジェクト

旧車レストア プロジェクト

50年以上前に生産された旧車(スバル360)を題材にして、社内のクルマ好きが集まり、レストア(※)をしながらクルマの構造や仕組みを学び、クルマの魅力を再発見できる活動です。車両デザインは、“次の10年への大きなワクワク感“をコンセプトに、社内より募集し、現在のデザインが実現しました。

レストアとは、老朽化などの理由により劣化もしくは故障した、自動車等を修復し、復活させることです。

旧車レストア プロジェクト

NAOロボット プロジェクト

音声認識や画像認識を使った技術も取り入れ、NAOロボット専用のプログラムを設計しています。また、未来を担う子どもたちに「子ども体験会」を通じてものづくりの楽しさを伝承しています。

NAOロボット プロジェクト

ETロボコン プロジェクト

若手を中心としたメンバーで、ソフトウェアの技術を競い合う、ETロボコン(ETソフトウェアデザインロボットコンテスト)に出場し、エンジニアとして必要な知識やスキルを習得しています。

ETロボコン プロジェクト

女性ものづくり プロジェクト

“女性目線のものづくりをしてみたい“との想いから発足したプロジェクト。第一弾は、社服に着目し、機能性やデザイン性を考慮した社服を製作しました。

女性ものづくり プロジェクト