ドライブトレイン関連

 
  • ドライブトレインフィーチャー
  • ドライブトレインフィーチャー
  • ドライブトレインフィーチャー

自動車の基本機能の「走る」機能を担うのがドライブトレインです。

「ドライブトレイン」とは何か?

自動車の基本機能は 「走る」・「止まる」・「曲がる」の3つと、近年では「つながる」機能も加えられています。この「走る」という機能を担うのがドライブトレインです。具体的には、エンジンでつくられた回転運動をタイヤへ伝達する動力伝達装置を指します。その中心となるオートマチックトランスミション(以降 AT)の制御ソフトウェア開発は、当社の得意分野のひとつです。

ドライブトレイン:Drive Train

当社では乗用車・商用車(バス・トラック)の各種ATの制御ソフトウェアを開発しています。マニュアルトランスミッション(以降MT)は、ドライバーがクラッチ・シフトレバーを操作しドライバーの意思でギヤを選択しますが、それを自動で快適に行ってくれるシステムがATです。AT制御ソフトウェアが、ドライバーの意思を伝えるアクセル開度と車速、エンジンコンピュータからの情報などを元に最適なギヤ段を選択してくれます。

また、ユーザーが心地良く乗れるよう、変速時のショックが小さくなる細やかな制御も行ってくれます。これからは車両統合制御として、ITSやサスペンション、ブレーキとの協調制御もますます増えていきそうです。私たちは、製品企画の段階から車が市場に出荷されるまで開発に参加します。時にはテストコースで、実際に車に乗って実車性能を確かめることも行います。

パドルシフト
トランスミッション
高容量FR6速オートマチックトランスミッション

ATといってもいろいろな種類があり、その中で最も普及しているのがトルクコンバータ式変速機を組み合わせたATです。その他にはMTのメカを用い、モーターで自動変速を行う“オートメーティッド・マニュアル・トランスミッション(AMT)”やギア比を連続で選べる無段変速機“コンティニュアスリー・ヴァリアブル・トランスミッション(CVT)”などがあります。また、マニュアル感覚でギアチェンジができるパドルシフト機能をもつATも増えています。

近年では、エンジンとATにモーターを追加した“ハイブリッドシステム(HV)”の開発も進んでおり、今後はこのタイプの需要が高まると予想し、当社も技術力の獲得に力を注いでいます。

ドライブトレイン分野での強みについて

当社では、「走る」(ドライブトレイン)以外の「曲がる」「止まる」にかかわる制御開発も行っています。例えば、サスペンションなどの走行系システムやABSなどのブレーキシステムです。今後は、エンジン関連の機関系システム(EV)の分野へも開発の裾野を広げていきたいと考えています。

 
お問い合わせ
【本 社】〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4番10号 名古屋クロスコートタワー3階
TEL(052)-533-7051 FAX(052)-533-7052